私立の受験は、高校であれ大学であれ、その学校の特徴を知る必要があります。

今、当塾には、中学受験生がいます。

私立中学の受験問題は難しく、普通に学校の授業でやっている問題が出来ても

入試問題は出来ません。

それで、ショウイン式では「教えない」がモット―の「自立学習をさせる塾」なのですが

これでは特殊な受験問題には対処できないので、希望校の過去の受験問題集や模試を入手

して、希望校の試験問題に慣らせる様にしています。

生徒が理解出来ないところは、個人授業でしっかり分かるまで説明します。

ただ、その問題の解き方を教えるだけでは不十分なので、他の問題も解けるように、

「考え方」を教えます。

すると生徒は、良く分かってくれて、ちゃんと自分の頭で考えて解けるように成るのです。

どんなに難しそうに見える問題でも、解き方を理解して、何度も繰り返す内に、簡単に

出来るように成ります。

そして、自信が付いていくのです。

根拠の有る「自信」を付ける事が、入試ではとても大事です。