五月から通いだした、仲良し二人組の小六の子供達が学校のテストで満点を取りました。

それも、苦手だからと履修している「社会科」での初めての満点でした。

 嬉し恥ずかしい、何とも言えない表情で
「あのね、この前のテスト、全部出来たの♪♬。」

と報告を受けて、こう言う何とも嬉しそうな顔が見られて、幸せでした。

 しかも、今のテストの方針がおかしくて、全問正解でも、全部× に出来る
引っ掛け問題が横行している中での満点ですから、嬉しさもひとしおです。

 例えば、答えが同じ「平安時代」でも、時代に( )が付いていると、
答えは「平安」とだけ書かなければ × 。
( )が無ければ、平安時代と書かなければ × 。

時間制限の有るテストで、小学生の子供達がそこまで考える余裕が有るでしょうか?!

ですから、こう言う引っ掛けに絶対に引っ掛からない様に、口を酸っぱくして言った結果が
満点に繋がりましたから、用心深く問題を読んで正解を叩き出した子供達には、本当に

「よくやった!!あっぱれ!」
のエールを送ります。

一生懸命頑張ってくれた子供達に感謝です(^^♪